【Twitter】相手を指定してツイートする方法一覧・使い分け

Twitterユーザが特定の相手にツイートを送りたい時は、

その相手のツイートに返信(リプライ)する形が多いと思います。

しかし、相手を指定してツイートする方法は他にも種類があります

場面や目的によって使い分ければより効果的なツイートになります!

この記事では

・相手を指定してツイートする方法が知りたい
・相手へのツイートを使い分けたい

という方を対象に

相手を指定してツイートする方法一覧・使い分け

を解説します!

Twitterのオススメ記事はこちら!

目次

相手を指定してツイートする方法一覧・使い分け

相手を指定してツイートする方法・使う場面を説明します。

Twitter Web Clientでの方法を説明しますが、Twitterアプリでも同様の方法となります。

ツイートに返信しない形で相手にツイートを送る方法

STEP
[ツイート]ボタン(①)をクリックし、ツイート内容の最初に『@送りたい相手のID』(②)を入力する

途中までIDを入力と上記のようにIDの予測一覧が出てくるので、任意のIDを選べば最後まで入力する必要はありません。

使う場面

相手にツイートしたいけど、相手の関係ないツイートに返信するのがためらわれる場面。

・フォローやフォロバの挨拶
・誕生日おめでとうツイート
・飯テロ画像を送りつける

(補足)IDを打つのがめんどくさい場合

STEP
ツイートを送りたい相手のページから、[ツイート]ボタンをクリックする
STEP
相手のIDが既に入力された状態で投稿画面が表示される

フォロワーにも見える形で相手にツイートを送る方法

STEP
[ツイート]ボタン(①)をクリックし、ツイート内容の途中で『@送りたい相手のID』(②)を入力する

使う場面

相手にもツイートを送りつつも、自分のフォロワーにもツイート内容を見せたい場面。

・特定の誰かを紹介したい
・誰かと何かしたことを伝えたい

最初に@相手のIDを入れたツイートは、フォロワーがその相手をフォローしていないとフォロワーのTL上には表示されません。途中にIDを入れることでフォロワーのTLに表示されるようにします。

リツイートを利用して相手にツイートを送る方法

STEP
ツイート内の[リツイート]ボタンをクリックする
STEP
内容を入力する ※@相手のIDは不要

使う場面

相手のツイートをリツイートしたい+相手のツイートに対して返信(リプライ)をしたい+その内容をフォロワーに見せたい場面。

・相手の意見を紹介しつつ、自分の意見を言いたい

まとめ

この記事では

・相手を指定してツイートする方法が知りたい
・相手へのツイートを使い分けたい

という方に向けて

相手を指定してツイートする方法一覧・使い分け

を紹介しました。

・ツイートに返信しない形で相手にツイートを送る方法
・フォロワーにも見える形で相手にツイートを送る方法
・リツイートを利用して相手にツイートを送る方法

使い分けを行うことで送る相手・フォロワーに効果的に情報を発信することができます。

これらの方法を活用して色々な人と絡んでTwitterを楽しみましょう!

でゎ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる